未分類

おばあちゃんのいる生活

お義母さんが帰国した。

約40日間のモロッコ滞在に、今、終止符が打たれたのだ。

今回は、第二子出産に合わせて、日本に住むお義母さんが産後の身の回りのお手伝いをしに、遥々モロッコのエッサウィラまで、独りで飛んで来てくれたのです。

「自宅で産婆の介護もなしに、自分たちだけで自力出産に挑みます!」と、お義母さんがこちらに着いた初日に伝えて、失神しそうなくらい驚いていたけれど…(あれ?言ってなかったっけ…。汗)

自力出産なんて信じられない!!…という感じだったから自力出産の流れや良さを説明したり、万が一の時に頼む助産婦さんに一緒に会ったりして、良いイメージ・実践可能だと言うことを出来るだけ伝えた。

結局、最後の最後まで、お義母さんは心配してたけど、無事お産が終わって、母子共に産後の経過が良いのをみていると、「あら、私の心配損だったわ。」と笑っていた。

私自身、子供の頃は大家族の中で育って、上は100歳のひいおばあちゃんから下は0歳の弟までいて、おばあちゃんにおじいちゃんと色んな世代の家族と一つ屋根の下で住んでたから、今回お義母さんがモロッコの私たちの家で一緒に暮らした時間は、とても有意義なものだった。

結婚してからも、子供が出来てからも、色んな国を旅し続ける生活を送ってるから、宿に泊まってる時以外は、基本核家族な訳で、おばあちゃんがいる生活は久しぶりに新鮮だった。

世代間の価値観の違いを話し合ったり、それに気付くのは面白いし、おばあちゃんと孫の関係が出来るのも、凄く素敵な事だ。やっぱりおばあちゃんは、やさしい!超やさしい!

お義母さんとの別れは、感謝のきもちでいっぱいで、涙腺が熱くなるものだった。

産後3週間は外出を控えてたから、一緒に街歩きしたり、カフェに行ったり出来なくて、申し訳ない気持ちだったけれど、最後に

「皆んなが仲良く、元気にやっているという事が、よく分かったから、本当良かったわ」の一言で、払拭された。

美味しいご飯を食べに行ったり、お土産屋さん見たり、家の外に出てモロッコ を味わってもらおうとか考えたけど、海外で私たちがどう暮らしてるか、目の前の事を楽しむだけでいいんじゃないかな〜と思う。物より事、身を投じた体験が一番のお土産、財産だと思う。

お義母さん、ありがとう。

お陰さまで、産後の肥立ちも良く、1ヶ月でとても元気です。

産後うつなし、母乳も開通、赤ちゃんもよく寝てお世話楽しめてます〜

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です